So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

トイレ監禁の次男「試食で腹満たす」 母は目の前で酒飲み鍋料理(産経新聞)

 母親と交際相手の男が、当時中学3年生だった次男(15)を自宅トイレに11日間監禁していた事件で、次男が警視庁光が丘署に「昨年11月以降、まともな食事を与えられなかった。スーパーマーケットの試食で腹を満たすこともあった」と説明していることが4日、同署への取材で分かった。次男はさらに、「母親らは目の前で酒を飲み、鍋料理や肉料理を食べていた」などとも話したという。

 同署によると、当時14歳だった次男は身長約165センチだったが、同学年の男子と比べてかなりやせて肋骨(ろっこつ)が浮き出ており、手足も細かった。保護した時点で体重は40キロ未満だったとみられている。

 同署の調べでは、監禁容疑で逮捕された母親の中島まゆみ容疑者(47)と川崎輝久容疑者(34)が交際を始めて1カ月が経過した昨年8月ごろから、次男は台所で1人で寝食をするように言われ、疎外されるようになったという。

 さらに同年11月以降は、中島容疑者らは次男に食事を作らず、自分で作って食べるように言いつけていたといい、次男はおもに食パンだけしか与えられていなかった。

 次男は保護された際、頭や鼻を骨折していたほか、左腕にも古い骨折の跡があった。同署は両容疑者が次男に対し、暴力を振るう虐待を繰り返したほか、ネグレクト(育児放棄)を続けて肉体的・精神的に衰弱させていった可能性があるとみて捜査している。

【関連記事】
トイレ監禁の次男 「チャンス逃せば死んでしまう」
次男を11日間トイレ監禁、食事は食パンと角砂糖 母と交際相手を逮捕 
「かわいくない」と長女に熱湯 虐待で母親起訴
乳児に「頭突き」で死亡させた男、「いらいらして八つ当たりした」と供述
乳児に「頭突き」死なす、同居22歳男を逮捕 沖縄

「落ち着いて」の言葉無視、胸などに深い傷/横浜・弁護士殺害事件 (カナロコ)
暴力団関係者と勘違いして殺害か 群馬の会社経営者絞殺(産経新聞)
小遣い3年連続ダウン=「弁当男子」増える―サラリーマン調査(時事通信)
損保ジャパン元外交員が横領、総額3億5千万か(読売新聞)
<民主代表選>菅氏つかず離れず 小沢系との連携慎重(毎日新聞)

【新・関西笑談】有馬温泉を売る5つの“秘策”(1)(産経新聞)

 □御所坊社長・金井啓修さん

 ■頭痛のタネはケータイとネット 周辺都市と連携して人を呼びたい。

 「関西の奥座敷」として全国屈指の歴史と知名度を誇る有馬温泉。しかし、レジャーの多様化や格安の海外旅行ツアーなどに押され、「奥座敷」としてじっと構えているわけにもいかなくなってきた。周辺都市との連携、顔となる風景の創出、新たなビジネスの確立…。温泉街活性化に向けて東奔西走する御所坊社長の金井啓修さんが描く“有馬を売る方法”とは。(聞き手 佐久間史信)

 −−最近の温泉街はいかがですか

 金井 一昨年秋のリーマン・ショック以降、宿泊客は厳しい状況です。いつも15年前の阪神大震災のときと比べるんですが、あのときは格安航空券なんてなかった。いまやヘタをすると、2泊3日の海外旅行のほうが有馬温泉の1泊より安いんですよ(笑い)。それと携帯電話やインターネットも今のように普及していませんでした。実は今、我々の頭痛のタネが、このケータイとインターネットなんです。

 −−それはまたどうしてですか

 金井 確かにネットによる予約は増えてきましたよ。でも、ネットだとどこが高くて、どこが安いか、一発で分かる。そうすると、旅館のほうはチキンレースみたいになってしまうわけです。それに、ボクだったら、パンフレットなんかを見て(ここが良さそうだな…)とカンで決めることがあるんですが、いまはそうではない。

 −−というと

 金井 すべて“画面”が基準になるんです。旅館のホームページを見ますね。その結果、どうなるか。その画面と実際に来てみての印象を比較するんです。トラベルはトラブルでもあるんです。行ってみて初めて分かること、驚き、思わぬ経験…そういった旅のアクシデントを楽しむということがなくなってしまった。“確認の旅行”になってしまったんです。最近の旅はそんな感じになってしまいましたね。

 −−なるほど。なんか寂しいですね。ところで、温泉街の活性化に向けていろいろ取り組んでいらっしゃるそうですが

 金井 これから有馬温泉をどういう方向で売っていこうかということで、いま、5つのコンセプトで活動を進めています。1つ目が周辺都市との連携です。有馬温泉は京阪神からのお客さんが非常に多い。より遠方のお客さんを呼ぼうとすると、有馬は宝塚のすぐそばだとか、甲子園球場に近いとか、北に行ったら篠山の立杭(たちくい)焼きがあるとか、そんなふうに全国的にも知られる周辺の地域と一体となって考えないといけない。「有馬」といったって、きちんと場所が分からない人も少なくない。

 −−いっしょになって売ることが必要と

 金井 いま、篠山、三田、宝塚、西宮、夙川、岡本の6つの地域といっしょに事業をやろうと考えています。たとえば、篠山では地域おこしに「ふるさとポイント」のプロジェクトを実施しています。宝塚はGPS機能のついたケータイを使って、いろんな情報を地図上に載せるシステムを持っています。こうしたそれぞれの知恵を集めて活用する。そして各地のイベントもリンクさせるとか、地域が一体となって人を呼ぶスキームをつくっていきたいと考えています。

                   ◇

【プロフィル】金井啓修

 かない・ひろのぶ 昭和48年、三田学園高校卒。鎌倉時代の創業とされ、有馬温泉きっての歴史を有する旅館「陶泉 御所坊」社長に56年に就任。引き継ぎは15代目になるという。時代をにらんだ新しい旅館をオープンする一方、有馬温泉観光協会の企画担当役員として、温泉街に観光客を呼ぶ仕掛けづくりに意欲的に取り組んでいる。55歳。兵庫県出身。

射撃!全面戦争! 吠える北朝鮮 軍事行動に踏み切るか?(産経新聞)
九州の動物園が口蹄疫対策強化 消毒強化、「餌やり」「ふれあい」自粛(J-CASTニュース)
<「アイリス」>新シリーズ、鳥取がロケ地に チョン・ウソンさん主演 (毎日新聞)
電柱衝突、警官重傷=車急発進の男逮捕―大阪府警(時事通信)
<普天間移設>日米首脳27日にも合意 政府方針は閣議で(毎日新聞)

<小沢氏>「青木氏は既成の政治家」 (毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は20日、引退を表明した自民党の青木幹雄前参院議員会長の地元、島根県出雲市を訪れた際、記者団に「青木さんは時代的な役割は終えたという認識を持っていた。既成の政治家であった幹雄さんは(選挙戦では)ある意味でやりやすい相手だった」と述べた。小沢氏は93年に自民党を離党して新生党を結成した際、青木氏らの切り崩しにあい、同党には衆院議員36人に対し参院議員は8人しか参加しなかった。小沢氏は「青木さんが病でお辞めになるということで来たわけじゃない」とも述べ、青木氏への複雑な思いもうかがわせた。

【関連ニュース】
小沢幹事長:青木氏長男擁立に「厳しくなった」
自民党:青木氏の長男後継を河野太郎氏が批判 指摘で撤回
参院選:自民・島根県連、青木前参院議員会長の長男擁立へ
青木幹雄氏:「参院自民、流動化も」 不出馬で政界に波紋
自民党:青木幹雄氏、参院選出馬を断念 脳梗塞で入院

新会長に黒岩氏―医学部長病院長会議(医療介護CBニュース)
国定公園の海辺、勝手に埋め立てた兄弟逮捕(読売新聞)
東国原知事VS記者団 「ケンカ」の一部始終(J-CASTニュース)
新年金制度 基本方針案の全容判明 抽象的であいまい 最低保障額明記見送り(産経新聞)
<TBS>裏付け取材不十分と謝罪 赤松農相のゴルフ報道で(毎日新聞)

<CO2濃度>過去最高 国内3地点(毎日新聞)

 気象庁は12日、09年の大気中の二酸化炭素(CO2)平均濃度が、国内の観測3地点でいずれも過去最高になったと発表した。化石燃料の使用や森林破壊の影響で、87年の観測開始以来、上昇し続けている。

 平均濃度は▽岩手県大船渡市389.7ppm▽東京・南鳥島388.0ppm▽沖縄・与那国島389.4ppm。3地点とも00〜09年の10年間で年平均1.9ppmの上昇。また、今年4月のCO2濃度についても、3地点とも月平均値として過去最高を記録した。

 3地点は、人間活動や植生の影響を受けにくいとして選ばれた。

村井・長野県知事、8月の知事選不出馬を表明(読売新聞)
ドリームジャンボ 発売始まる 銀座では300人が列(毎日新聞)
大学講師が「リポート代行業」…“回数券”も(読売新聞)
赤旗配布2審も有罪 「表現の自由」判断二分(産経新聞)
賞味期限切れ菓子5箱、1か月間にわたり販売(読売新聞)

NHKさいたまが大宮駅東口に移転へ 再開発事業に合わせ(産経新聞)

 さいたま市とNHKさいたま放送局は10日、同市浦和区の同局放送会館を、市が再開発事業を進めているJR大宮駅東口(同市大宮区)に移転することで正式に協議入りすると発表した。清水勇人市長らが定例会見で明らかにした。

 候補地は、大宮駅東口から東に200メートルほどの大門町2丁目中地区約8000平方メートル。現在、デパートや市有の空き地、個人商店などが立ち並んでいる。

 大宮駅東口では、昭和50年代から再開発が検討されてきたが、地権者の反発に直面してきた。今回、「再開発の起爆剤」として新会館誘致を狙う市と、老朽化した現会館からの移転を計画していたさいたま放送局の思惑が合致した形だ。

 さいたま放送局は、過去の大河ドラマなどの番組をロビーで流すなどし、「地域のにぎわい作りに貢献できる」としている。

 今後、新会館が入るビルの規模や公共施設入居の有無の判断、地権者との交渉を進めるなどし、平成25年度中の着工を目指す。

【関連記事】
NHK平成21年度決算は黒字 速報値を経営委が公表
テレ東、BSジャパンなどグループ3社が経営統合で合意
来客増加ぜよ! 「龍馬伝」で高知観光が脚光
ゲゲゲの女房とジョン万次郎が…BBQには「クリアアサヒ」
人形や物産展 関連企画続々 「龍馬」人気 消費不況に一撃

元巨人・中畑清氏、たちあがれ日本から出馬へ(読売新聞)
2歳男児はねられ死亡 滋賀・甲賀市(産経新聞)
原爆の子 サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台(毎日新聞)
ビニールシート遺体、県内の26歳女性と判明 静岡・御殿場(産経新聞)
【お財布術】「特典付きホテル」編 おまけでお得の宿泊プラン(産経新聞)

火山噴火 関空ローマ便が出発便再開へ(毎日新聞)

 アイスランドの火山噴火の影響で欠航が続いているヨーロッパ方面への出発便のうち、アリタリア航空のローマ便が19日午後、関西国際空港から出発する。噴火以降、関空からヨーロッパ方面への出発便の再開は初めて。イタリアに帰国するフランシス・マウリシオさん(38)は、1週間の京都観光を終えて17日に帰国予定だった。「お金がなくなり、昨夜は空港のベンチで寝た。めったにできない貴重な体験と考えます」と出発手続きを終え、安心した様子でローマに住む家族に連絡を取っていた。

【写真特集】アイスランド火山噴火

 一方、アムステルダム、フランクフルトなど他のヨーロッパ方面出発便4便は19日も欠航する。運航再開のめどは立っていないという。【酒井雅浩】

【関連ニュース】
火山噴火:スペインで全空港再開
アイスランド:火山噴火 航空規制長期化 業界減収185億円に 運航再開の動きも
アイスランド:火山噴火 火山灰、影響多方面に バラ市場、医療にも
ニュースがわかる「火山の国に暮らす」

噴火で足止めの旅客、JAL機で成田到着(読売新聞)
<訃報>宍戸隆典さん94歳=元陸将(毎日新聞)
口蹄疫疑い3例目=宮崎の牛、さらに4頭(時事通信)
民主・小沢幹事長「1人区で15勝以上目標」(読売新聞)
【JR福知山線脱線事故】「鉄道マンとしてのプライドを」 妻を亡くした男性がJR社員を前に講演(産経新聞)

ひったくり許すな! ワースト1の足立で“実演”(産経新聞)

 刑法犯の認知件数が昨年まで4年連続で都内ワースト1位の足立区を管轄する西新井、千住、竹の塚、綾瀬の4警察署は17日、区や地域と連携して治安向上を目指すキャンペーンを同区西新井栄町の西新井さかえ公園で開いた。

 警視庁によると、昨年の同区内の刑法犯認知件数は1万1086件。うち約3分の1を自転車盗やひったくりなど住民に身近な犯罪が占めたという。

 警察官がバイクに乗って、ひったくりの犯行を実演。道を歩くときバッグは道路と反対側の手で持つことや、自転車の前かごに荷物を入れるときは防犯ネットをかぶせることなどを指導した。

17日の欠航、18便に=火山灰で欧州線−日航・全日空(時事通信)
堺男児死亡 逮捕の男、怖くなり逃げ出す 母親の元同僚、内縁関係(産経新聞)
限度額撤廃規定、盛り込まず=郵政改革法案で政府方針(時事通信)
始皇帝も驚く“日本のハリウッド” 恐るべし!!太秦(産経新聞)
平等院鳳凰堂 柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か(毎日新聞)

到着便のスーツケースから出火…成田空港(読売新聞)

 18日午後2時20分頃、成田空港第1ターミナル北ウイングの屋外貨物作業場で、到着したデルタ航空便の手荷物のスーツケースから出火した。

 近くで仕分け作業中の航空会社職員が消火器で消し止めた。施設への延焼はなく、けが人もいなかった。

 成田空港署によると、スーツケースは縦約1メートル、横約50センチ、厚さ約20センチの布製で、ベルトコンベヤーで運搬中に突然、火と白い煙が出たという。

 同署はエックス線検査で荷物を調べるとともに、持ち主の特定を急いでいる。

駐車場事故 4歳はねられ死亡 小さな姿気づかず 埼玉(毎日新聞)
小沢氏、訪米見送りを正式表明(時事通信)
両親刺し母死なす、長男「働くように言われ」(読売新聞)
GW連続休暇、平均5・4日…昨年より短め(読売新聞)
参院大阪2人目に岡部まり氏=民主(時事通信)

北海道で強い揺れ 釧路で震度4(産経新聞)

 9日午前3時41分ごろ、北海道・釧路沖を震源とする地震があった。

 気象庁によると、震源地は釧路沖 ( 北緯42・9度、東経144・8度)で震源の深さは約60キロ、地震の規模(マグニチュード)は4・8と推定される。この地震による津波の心配はないという。

 各地の震度は以下の通り。

▼震度4=釧路市、標茶町 ▼震度3=浦幌町、十勝大樹町、弟子屈町、釧路町、厚岸町、鶴居村、別海町、根室市

<今どきの更年期>男性にも、めまい・うつ(毎日新聞)
<新車購入>「ネットでOK」普及進まず 折半に自治体不満(毎日新聞)
<知的障害者>和太鼓集団が全国公演に意欲 でも資金不足(毎日新聞)
キャッシュカード詐取で携帯販売会社社長を逮捕(産経新聞)
<京都大>「自由をはき違えないで」 入学式で学長がクギ(毎日新聞)

<名張毒ぶどう酒事件>差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」(毎日新聞)

 「一日も早く再審をしてもらい、冤罪(えんざい)を晴らしたい」。名張毒ぶどう酒事件の第7次再審請求に対し、最高裁が名古屋高裁への「差し戻し」を決定したことについて、奥西勝死刑囚(84)は6日、穏やかな表情でそう語ったという。半世紀近くにわたって揺れ続けた司法判断。桜の満開を伝えられた奥西死刑囚の胸の内にこの日、わずかな光が再び差し込んだ。【秋山信一、中村かさね、沢田勇、高木香奈】

 最高裁決定を受け、弁護団の小林修(57)、鬼頭治雄(38)両弁護士が午後2時半から30分間、名古屋拘置所で奥西死刑囚と面会。奥西死刑囚は入浴後、青色のセーターと灰色のズボン姿で現れた。審理差し戻しを伝えられてもよく理解できない様子で、弁護士が再審請求の流れを図解して死刑の執行停止を説明し、「勝ったんですよ」と伝えると、「よかった、よかった」と喜んだ。

 差し戻し決定は4月5日付。くしくも05年に名古屋高裁で再審開始決定が出たのと同じ日付だった。弁護士が「同じ日ですね」と話すと、奥西死刑囚は「ああそうですね」とにこにこしたという。

 特別面会人の稲生昌三さん(71)も6日、拘置所で奥西死刑囚と面会した。稲生さんは再審開始決定時にも面会しており、5年前と同様、この日も桜が満開だと伝えると、奥西死刑囚は「希望が持てる。私も頑張る」と話した。

 奥西死刑囚は69年に高裁で逆転死刑判決を受けて以来、05年の高裁の再審開始決定で死刑執行を停止された一時期を除き、常に死刑の恐怖と闘ってきた。03年には胃がんの摘出手術も受けている。以前、稲生さんに「拘置所の休庁日以外、死刑執行がある午前中は恐怖と苦悩の時間」と漏らした。昼食の配給が唯一ホッとできる時間といい、夜、布団の中に入ると「このまま夜が明けてくれなければいいのに」と弱音を吐いた時もあるという。

 この日、稲生さんが「アクリル板の向こう側でなくて、壁の外で『奥西さん良かったね』と言える日が必ず来るから頑張ろう」と告げると、奥西死刑囚は「うん、うん」とうなずいた。

【関連ニュース】
名張毒ぶどう酒事件:84歳の奥西死刑囚「後がない」
名張毒ぶどう酒事件:再審の可能性…最高裁が差し戻し
名張毒ぶどう酒事件
名張毒ぶどう酒事件:再審の可能性 84歳「後がない」 奥西死刑囚、確定から38年
名張毒ぶどう酒事件:早急な再審開始訴え 奥西死刑囚の弁護団、名張で学習会 /三重

<ダイハツ>「タント」「ムーヴラテ」などをリコール(毎日新聞)
コメ農家の申請、4月1日開始=赤字分を直接支払い−戸別所得補償(時事通信)
70代独居女性、7病院に受け入れ拒否され死亡(読売新聞)
<受動喫煙防止条例>神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
<DNA>全国13地検に長期保管用冷凍庫 法務省方針(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。